介護保険制度


介護保険制度とは、介護が必要となった人のために、市町村や東京23区が運営主体となっている保険制度のことです。

スポンサードリンク

介護保険は40歳になった時、加入義務があり保険料を納めなければいけません。
介護保険によって、サービスが受けられる人は、65歳以上の第1号被保険者と、40歳から64歳までの第2号被保険者です。

第1号被保険者とは、身体的機能が不自由な為に寝たきりであったり、認知症のために生活の中で自立できないよう介護状態の人や、身体的な自立は出来るけれども、支援が必要な介護状態の人を指します。

第2号被保険者とは、認知症や脳血管疾患などのように、老化が原因で要介護状態や要支援状態になった場合にサービスを受ける事ができる人のことを指します。
ただし、第2号被保険者がサービスを受けるには、特定疾患においてのみとなります。

スポンサードリンク



非公開の求人はコチラ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



特定疾患には、筋萎縮性側索硬化症や後縦靭帯骨化症、それに初老期における認知症など、この他にも15種類の特定疾患があります。

介護保険の仕組みは、介護サービスを受ける人が、ケアマネージャーから介護プログラムを立ててもらいます。
そして、事業所にデイサービスや入浴支援などのサービスを提供してもらいます。

サービスを受ける人は、一割負担で事業所に利用料を支払う事になります。
残りの9割は市町村の介護保険から各事業所に支払われることとなります。

第2号被保険者は要介護が認められた時だけ、第1号被保険者は全員に介護保険証が交付されます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護保険料
介護保険料は、40歳から64歳まででは、健康保険に加入している場合と、国民健康......
介護保険住宅改修
介護保険住宅改修・・・あまり聞かない言葉ですよね。 介護保険住宅改修とは、介護......
介護保険特定疾患
介護保険特定疾病とはどんなものかご存知でしょうか? 介護保険制度でのサービスは......
介護保険料率
みなさんは介護保険という言葉を聞いたことあるでしょうか? 言葉は聞いた事はある......
医療費控除と介護保険
長年、病院通いをしたり入院したりすると医療費がかさみますよね。 そこで、発生す......
介護保険の認定
介護保険のサービスを受けるには、事前に介護保険の認定を行わなければなりません。......

▲このページのトップへ