介護保険料


介護保険料は、40歳から64歳まででは、健康保険に加入している場合と、国民健康保険に加入している場合では、計算の仕方が変わってきます。

スポンサードリンク

全ての人が同じ金額の介護保険料を納めているわけではありません。

健康保険に加入している場合には、給料に応じて決まります。
そして、事業主が保険料の半分を負担する事になっているのです。

会社員の妻などの被扶養者においては、各健康保険の被保険者が分担するので、個別に負担しなくても良い様になっているのです。

国民健康保険に加入している場合には、保険料は、所得や資産に応じて決まってきます。

そして、こうした介護保険料は、医療保険の保険料として納めることになっています。

スポンサードリンク



非公開の求人はコチラ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



65歳以上の人の介護保険料は、年金から天引きされる場合と、口座振替や納付書によって納める場合があります。

65歳以上の介護保険料は、地域によって違ってきますが、6段階以上の所得段階があります。
具体的には、65歳以上の市長村が決める介護保険の基準額×所得段階ごとに決まっている率となります。
第4段階の、市町村民税本人非課税の場合の基準額は1として、これより段階が上がる市町村民税本人課税の税額基準によって、第5段階は1.25倍、第6段階は1.5倍となっています。
市町村によっては、第6段階よりも高い段階も設定されているところもあります。

第1段階は、生活保護受給者や市町村民税世帯非課税かつ老齢年金受給者でもあります。
そして、基準額の0.5倍となっています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護保険制度
介護保険制度とは、介護が必要となった人のために、市町村や東京23区が運営主体と......
介護保険住宅改修
介護保険住宅改修・・・あまり聞かない言葉ですよね。 介護保険住宅改修とは、介護......
介護保険特定疾患
介護保険特定疾病とはどんなものかご存知でしょうか? 介護保険制度でのサービスは......
介護保険料率
みなさんは介護保険という言葉を聞いたことあるでしょうか? 言葉は聞いた事はある......
医療費控除と介護保険
長年、病院通いをしたり入院したりすると医療費がかさみますよね。 そこで、発生す......
介護保険の認定
介護保険のサービスを受けるには、事前に介護保険の認定を行わなければなりません。......

▲このページのトップへ