介護保険住宅改修


介護保険住宅改修・・・あまり聞かない言葉ですよね。

スポンサードリンク

介護保険住宅改修とは、介護保険で要介護や要支援と認定された場合に、身体的機能の状態に合わせて、自立しやすいように家をリフォームして、その改修費用を介護保険から一部負担するというものです。

ただし、介護保険の住宅改修を利用して家を改修する場合には、支給対象となる工事種別が決まっているため、リフォームする全てに対して適用されるわけではありません。

具体的に言うとどういったものでしょうか。

手すりの取り付けや、床段差の解消、滑りの防止及び移動の円滑化等のための床材の変更、引き戸等への扉の取替え、様式便器等への便器の取替えなどです。

住宅改修の家の場所としては、玄関、寝室、通路、階段、浴槽、トイレが挙げられます。

介護保険の住宅改修で支給される改修費は、20万円までになっています。
そして、20万円までにかかった住宅改修費の一割は、利用者が自己負担することになっています。

スポンサードリンク



非公開の求人はコチラ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



例えば、15万円の住宅改修費が必要になった場合には、そのうちの9割である、13万5千円は介護保険から、残りの一割の1万5千円は自己負担になるというわけです。
また、もし住宅改修費が20万円以上かかった場合には、18万円以外の部分は自己負担になります。
つまり、介護住宅改修費の支給限定基準額は20万円であり、そのうちの一割は自己負担なので、18万円までしか介護保管で負担してもらえないということです。

有難い制度とは思いますが、扉の取替えだけでも何万と掛かるこの時代に、身体の状況に応じて全てを改修したとしたら、とてもじゃないですが20万円程度では精算しきれないと思います。

まだまだ、日本の介護においての保険制度は改正する必要がありそうですね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護保険制度
介護保険制度とは、介護が必要となった人のために、市町村や東京23区が運営主体と......
介護保険料
介護保険料は、40歳から64歳まででは、健康保険に加入している場合と、国民健康......
介護保険特定疾患
介護保険特定疾病とはどんなものかご存知でしょうか? 介護保険制度でのサービスは......
介護保険料率
みなさんは介護保険という言葉を聞いたことあるでしょうか? 言葉は聞いた事はある......
医療費控除と介護保険
長年、病院通いをしたり入院したりすると医療費がかさみますよね。 そこで、発生す......
介護保険の認定
介護保険のサービスを受けるには、事前に介護保険の認定を行わなければなりません。......

▲このページのトップへ