介護保険特定疾患

介護保険特定疾病とはどんなものかご存知でしょうか?

スポンサードリンク

介護保険制度でのサービスは、65歳からとなっています。
しかし、40歳から64歳までの人が、もしも老化に伴う病気が原因で日常生活に支障をきたし、介護が必要とされる場合には、第2号被保険者となります。
この老化に伴う病気というのが、介護保険特定疾病といわれるものです。

介護保険法の総則には、「要介護状態の原因である身体上または精神上の障害が加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病であって政令で定めるもによって生じたものであるもの」が、特定疾病にあたるとしています。

介護保険特定疾病には、16種類もの病気があります。
この病気を具体的に挙げてみましょう。

スポンサードリンク



非公開の求人はコチラ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



:筋萎縮性側索硬化症:骨折を伴う骨粗鬆症:閉鎖性動脈硬化症:脊髄小脳変性症
:シャイ・ドレーガー症候群:糖尿病性神経障害:糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
:両側の脇関節又は、又関節に著しい変形を伴う変形性関節症:慢性閉塞性肺疾患
:初老期における痴呆:後縦靭帯骨化症:パーキンソン病:慢性関節リューマチ
:早老症:脳血管疾患・脊柱管狭窄症

以上のものが挙げられます。

ただし、医師によっては、病名が違う名前で呼ばれる事があります。
この中で、筋萎縮性側索硬化症は、ALSと呼ばれています。
また、慢性閉塞性肺疾患は、肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、瀰慢性汎細気管支炎などがこれに該当します。

初老期における痴呆においては、アルツハイマー病、ピック病、脳血管性痴呆、クロイツフェルト、ヤコブ病などのことを指します。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護保険制度
介護保険制度とは、介護が必要となった人のために、市町村や東京23区が運営主体と......
介護保険料
介護保険料は、40歳から64歳まででは、健康保険に加入している場合と、国民健康......
介護保険住宅改修
介護保険住宅改修・・・あまり聞かない言葉ですよね。 介護保険住宅改修とは、介護......
介護保険料率
みなさんは介護保険という言葉を聞いたことあるでしょうか? 言葉は聞いた事はある......
医療費控除と介護保険
長年、病院通いをしたり入院したりすると医療費がかさみますよね。 そこで、発生す......
介護保険の認定
介護保険のサービスを受けるには、事前に介護保険の認定を行わなければなりません。......

▲このページのトップへ