介護保険料率


みなさんは介護保険という言葉を聞いたことあるでしょうか?

スポンサードリンク

言葉は聞いた事はあるが、詳しい内容はあまりわからない方のほうが多いのではないでしょうか。
実際、自分が関わるようにならなければ、なかなか分からないものですよね。

今回は、この介護保険の保険料率について詳しくお話していきたいと思います。

介護保険の保険料は、40歳から64歳までは公的な医療保険に上乗せして負担します。
ここで、公的な医療保険とは、国民健康保険や健康保険、共済保険などの事をいいます。

国民健康保険に加入している人の、介護保険料は、資産や所得に介護保険料率を掛けることによって、計算されますが、市町村によって介護保険料率は変わってきます。

政府管掌社会保険の介護保険料の料率は平成19年度で1.23%となっています。
健康保険料の料率は8.2%なので、合計で9.43%が保険料率となります。

ただし、会社に勤めている人は、会社と自己負担は半分ずつになるので、自己負担が給料から差し引かれます。
会社に勤めている人の扶養者については、保険料をあらためて支払う必要はありません。

スポンサードリンク



非公開の求人はコチラ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



健康保険が任意継続被保険者の場合には、会社が半分支払ってくれないので、全額自己負担となっています。

健康保険組合に関しては、介護保険料率は保険によって違ってきます。
65歳以上の介護保険料は、所得に応じた額になります。

所得段階を6段階か7段階に分けて、計算されます。
この介護保険料率は、市町村によって違ってきます。

それぞれの市町村で決められた基準額に、介護保険料率を掛けて計算されることになっているのです。
また、介護保険料率は大抵3年ごとに見直されます。

市町村によって介護保険料率が違いますので、正確に介護保険料率が知りたいという方は、自分の住んでいる地域の市町村に聞いてみると良いでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護保険制度
介護保険制度とは、介護が必要となった人のために、市町村や東京23区が運営主体と......
介護保険料
介護保険料は、40歳から64歳まででは、健康保険に加入している場合と、国民健康......
介護保険住宅改修
介護保険住宅改修・・・あまり聞かない言葉ですよね。 介護保険住宅改修とは、介護......
介護保険特定疾患
介護保険特定疾病とはどんなものかご存知でしょうか? 介護保険制度でのサービスは......
医療費控除と介護保険
長年、病院通いをしたり入院したりすると医療費がかさみますよね。 そこで、発生す......
介護保険の認定
介護保険のサービスを受けるには、事前に介護保険の認定を行わなければなりません。......

▲このページのトップへ