介護サービスの料金・費用


介護サービスの利用料金の1割は利用者側が、残り9割は介護保険から支払われる事になっています。

スポンサードリンク

ただし、各地方自治体やサービス事業所によっても変わってきますので、サービスの利用契約の際には充分に確認しておく必要があります。

通所介護サービスや短期入所などの施設サービスを利用した場合、食料費・オムツ代や日用品など給付対象外の費用は、全額自己負担となります。
また介護サービスで施設サービスを利用するときは、1割の自己負担分とともに食費なども負担する事になります。

よって、介護サービスでの介護保険対象外である日用品や理容・美容費用なども全額自己負担費用となります。

自己負担の上限は、次のようになります。

スポンサードリンク



非公開の求人はコチラ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



介護サービスを利用して支払った自己負担額が世帯で合算して37,200円を超えた時には、健康保険の高額療養費のように「高額介護サービス費」として払い戻しを受ける事ができるのです。
なお、上限の37,200円には、福祉お湯具の購入費・住宅改修費・施設に於ける食費の自己負担や、保険給付の対象とならない部分の自己負担、利用できる上限を超えた分などは含まれません。

また、低所得者には様々な配慮がされています。

施設サービスを利用したときの食費の自己負担や高額介護サービス費の対象となる自己負担の上限が通常よりも低い金額で設定されるのです。
更に、介護保険がスタートする前からホームヘルプサービスを利用していた場合は、経過措置として自己負担が3%に軽減されたり、社会福祉法人などの訪問介護等のサービスを受けた場合には、自己負担が減免される場合があるなどの配慮がされているのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護サービスの種類
介護サービスは、介護される側の認定段階によって変わってきます。 要介護1~5の......
医療費控除と介護サービス
平成12年4月に介護保険法が施行されました。 介護保険法の第7条第5項に規定す......
高額介護サービス費用
介護サービスを利用した場合、原則として利用者は1割、介護保険側から9割負担する......
介護サービスの受け方
介護サービスを受ける場合には、本人または家族が介護保険課に申請しなければいけま......
介護サービス情報公表システムとは?
介護サービス情報公開システムとは、介護保険法の規定に基づいて都道府県内の介護サ......
介護サービス情報公表支援センターとは?
介護サービス情報公表支援センターとは、「社団法人 シルバーサービス振興会」が運......

▲このページのトップへ