高額介護サービス費用


介護サービスを利用した場合、原則として利用者は1割、介護保険側から9割負担することになっています。

スポンサードリンク

施設などを利用した場合は、その他に食費や日常生活費の負担が掛かります。
また介護サービスでの介護保険利用要介護状態区分においてそれぞれに限度額があります。
この限度額の上限を超えてサービスを利用した場合は、超えた分の全額を利用者が負担する事になります。

この介護サービスにおける介護保険の支給限度額は、次のようになります。

在宅介護サービス(居宅サービス)支給限度額は、要支援1:49,700円、要支援2:104,000円、要介護1~5が165,000~358,300円となります。

通常1割の自己負担ですが同じ月に支払った利用者負担の合計額が高額になって、次の上限額を超えた場合は申請することによって、限度額を超えた分が「高額介護サービス費」として支給されます。

・第1段階:生活補助受給者、老齢福祉年金の受給者で世帯全体が住民税が非課税の場合:15,000円が上限額

スポンサードリンク



非公開の求人はコチラ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



・第2段階:世帯全体が住民税非課税で合計所得金額及び課税年金収入額の合計が800,000円以下の方または老齢福祉年金受給者:個人での上限額15,000円

・第3段階:世帯全体が住民税非課税で第2段階に該当しない方:24,600円が上限

・第4段階:第1~3段階以外の場合:37,200円が上限

介護サービスでの自己負担費用は、原則として介護保険支給対象以外のサービスまたはその支給月額を超えたものですが、次のものは高額介護サービス費の対象にはなりません。

福祉用具購入費の1割負担・住宅改修費の1割負担分、施設サービス費などの食事代や日常生活費などの介護保険給付対象外サービス利用者負担・支給限度額を超える利用者負担等が高額介護サービス費の対象にはなりません。

利用者側もよく確認、理解した上でサービスを利用しましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護サービスの種類
介護サービスは、介護される側の認定段階によって変わってきます。 要介護1~5の......
医療費控除と介護サービス
平成12年4月に介護保険法が施行されました。 介護保険法の第7条第5項に規定す......
介護サービスの料金・費用
介護サービスの利用料金の1割は利用者側が、残り9割は介護保険から支払われる事に......
介護サービスの受け方
介護サービスを受ける場合には、本人または家族が介護保険課に申請しなければいけま......
介護サービス情報公表システムとは?
介護サービス情報公開システムとは、介護保険法の規定に基づいて都道府県内の介護サ......
介護サービス情報公表支援センターとは?
介護サービス情報公表支援センターとは、「社団法人 シルバーサービス振興会」が運......

▲このページのトップへ