介護サービスの受け方


介護サービスを受ける場合には、本人または家族が介護保険課に申請しなければいけません。

スポンサードリンク

ただ、中には寝たきりの場合や家族の介護などで申請にいけない人もいるかと思います。
その場合、居宅介護支援事業者や介護保険施設に申請を代行してもらうことも出来ますので安心してください。

この介護サービス申請が受け付けられると、介護サービスの認定調査が行われます。
この認定調査は、次の2つからなります。

訪問調査:市からの委託を受けた調査員が、自宅などを訪問して心身の状況等について本人と家族などから聞き取り調査を行います。
この調査結果は、コンピューターにより一次判定されることになります。

主治医の意見書:本人の主治医に心身の状況についての意見書を作成してもらいます。
主治医がいない場合は市が指定した医師の診断を受けてもらう事になります。

スポンサードリンク



非公開の求人はコチラ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



これらの認定調査(コンピューター判定・訪問調査の特記事項・医師の意見)の結果を元に「介護認定審査会」で審査される形になります。
その後介護サービスの要介護状態区分の判定が行われるのです。

介護認定審査会での審査結果に基づいて「非該当」、「要支援」、「要介護1~5」までの区分に分けて認定され、認定通知書と認定結果が記載された保険証が届くというわけです。

この際認定結果に納得できない場合は、県の「介護認定審査会」に申し立てする事ができます。

この認定結果を基に、介護サービスを依頼する事業者が決まったら市町村役場に「居宅サービス計画作成依頼届出書」を提出し、介護支援専門員(ケアマネージャー)に心身の状態にあった介護サービス計画を作成してもらうのです。

この介護サービスの「居宅サービス計画作成書」ですが、自分で作成することもできます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護サービスの種類
介護サービスは、介護される側の認定段階によって変わってきます。 要介護1~5の......
医療費控除と介護サービス
平成12年4月に介護保険法が施行されました。 介護保険法の第7条第5項に規定す......
介護サービスの料金・費用
介護サービスの利用料金の1割は利用者側が、残り9割は介護保険から支払われる事に......
高額介護サービス費用
介護サービスを利用した場合、原則として利用者は1割、介護保険側から9割負担する......
介護サービス情報公表システムとは?
介護サービス情報公開システムとは、介護保険法の規定に基づいて都道府県内の介護サ......
介護サービス情報公表支援センターとは?
介護サービス情報公表支援センターとは、「社団法人 シルバーサービス振興会」が運......

▲このページのトップへ