介護施設の種類


介護施設というと主に介護老人保健施設の事を指します。

スポンサードリンク

この介護老人保健施設は、いわゆる「ろうけん」と言われています。
ここでは、介護を必要とする高齢者が少しでも自立できるように力を貸し、家庭で自分の力で生活していけるように、色々な面からサポートしているのです。

介護施設は誰でも利用できるわけではありません。

介護保険法が要介護と認定した人の中でも、入院治療の必要が無く、比較的病状が安定していてリハビリテーションを必要としている人が対象となっています。

要介護度でいうと1~5と判定されている人達です。
よく要介護1とか2などという表示を見たことがあるかと思いますが、数字が高いほど日常生活を送る上で困難な状態であり、他者のサポートが必要なのです。

介護施設は入所している人の病状で、いくつかの施設に分かれていますが、そこで医療行為を行うことはありません。

次に介護老人保健施設というのは、病状が安定していて、特に入院治療は必要ないものの、毎日のリハビリや、日常生活を送る上で介護が必要な状態の人達が入所できます。

スポンサードリンク



非公開の求人はコチラ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



最後に介護療養型医療施設という介護施設を紹介しましょう。
これは、長期療養患者ではあるものの、ずっと病状は安定している場合、しかしカテーテルや透析など常時医学的な管理が必要である、と判断された場合入所できます。
ただし、療養病床に該当する場合は除外となります。

介護施設は、高齢者と家族などの在宅ケア支援の拠点となる事を理想としています。
そのため質の高い介護サービス、介護予防、日用生活を送る為のアドバイスをしてくれる他、利用者の希望や疑問に細かく応えてくれるシステムなのです。

介護施設を利用するに当たっては、利用者も家族も健康状態を把握する事が大切ですね。

最終目標である家庭復帰を目指して、介護施設では医学的な知識に基づいた看護や介護、リハビリ、栄養管理、食事から入浴にいたる日常生活をサポートをしてくれるのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護施設の費用
介護施設を利用するにあたって当然ながら入居費用が掛かりますが、この費用は施設に......
認知症の介護施設
認知症という言葉は聞いたことがあるでしょうか? 日本では高齢化が進むと共に、介......
老人介護施設
現在、日本では高齢化社会を向かえようとしています。 そこで、全国各地に老人介護......
医療費控除と介護施設
確定申告での医療費控除は主に、家庭で支払った医療費が規定の金額(10万円)をオ......
介護施設管理士とは?
介護施設管理士とは、介護施設における優秀な管理者、また施設の長でもあります。 介......
小規模多機能型居宅介護施設とは?
小規模多機能型居宅介護施設とは、複合的な介護施設のことをいいます。 具体的にい......

▲このページのトップへ