老人介護施設


現在、日本では高齢化社会を向かえようとしています。

スポンサードリンク

そこで、全国各地に老人介護施設と呼ばれる介護施設が多数存在します。
ここでは、介護が必要とされる高齢者のプライドを尊重しながら、生活機能や身体機能の維持と向上を目指して、家族や地域の住民、公的な機関などと連携をとりながら、安全で自立した在宅生活を続けられるように支援してくれるのです。

介護施設に入所できるのは、要介護認定1~5の方が対象となります。

介護施設に入所すると、医学的には看護、介護、機能訓練、日常生活などの生活を送る上でのリハビリテーションなどの介助を受ける事ができるのです。

介護施設への利用の方法には大きく分けて3つあります。

一つは、通所リハビリテーションと呼ばれる日帰りの介護サービスです。
通所サービスは心身の機能の維持と向上、回復を目標として、リハビリや入浴、食事などのサービスを受ける事ができるのです。

スポンサードリンク



非公開の求人はコチラ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



二つ目は、短期入所サービスです。
短期入所の場合は、短期間、介護施設に入所下上で、医学的な看護、介護、機能訓練や日常生活の介護サービスを受けるのですが、通所と短期入所の条件には大きな違いがあります。
どちらも要介護認定のレベルは同じなのですが、要支援、と認定されている方は短期入所は可能ですが、通所は出来ないことになっているのです。

三つ目は、居宅サービスです。
これは、介護施設からスタッフが出向いてくれるサービスです。
居宅サービスですが、これについては要介護度に応じて、一ヶ月の利用回数に制限が設けられています。

後期高齢者医療制度の導入で、施設の利用が厳しくなった高齢者も多く、問題はまだまだ山積みされている状態でしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護施設の種類
介護施設というと主に介護老人保健施設の事を指します。 この介護老人保健施設は、......
介護施設の費用
介護施設を利用するにあたって当然ながら入居費用が掛かりますが、この費用は施設に......
認知症の介護施設
認知症という言葉は聞いたことがあるでしょうか? 日本では高齢化が進むと共に、介......
医療費控除と介護施設
確定申告での医療費控除は主に、家庭で支払った医療費が規定の金額(10万円)をオ......
介護施設管理士とは?
介護施設管理士とは、介護施設における優秀な管理者、また施設の長でもあります。 介......
小規模多機能型居宅介護施設とは?
小規模多機能型居宅介護施設とは、複合的な介護施設のことをいいます。 具体的にい......

▲このページのトップへ