介護施設管理士とは?

介護施設管理士とは、介護施設における優秀な管理者、また施設の長でもあります。

スポンサードリンク

介護施設管理士は、介護ヘルパーや、ケアマネージャー、看護師などからなる職員や介護スタッフと協力して業務にあたるわけですが、常に注意が必要な要介護者と、日常の生活を共にしながら、介護施設のサービスを充実させると共に、経営もしていかなければならないのです。

金儲け主義に走りすぎることも考えものですし、慈善事業ばかりでは経営が成り立ちません。
ですから、介護サービスと経営とのバランスには常に気を配らせなければなりません。

介護施設の責任者である施設長は、専門資格を有する必要があります。

介護施設管理士とは、介護に関するあらゆる知識をバランス良く習得して、尚且つ臨機応変に応用できなければなりません。
また、施設の長でもありますので、色々な人間が集まる組織を統率できるだけのリーダーシップも必要になってくるのです。

スポンサードリンク



非公開の求人はコチラ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



つまり介護についてはもちろんの事、その知識を現場で対応して使える柔軟性、さらには経営の知識も習得していなければならないのです。

そのような人材を育成する為に、医療介護ネットワーク協同組合では、管理士の認定試験制度をスタートさせました。

第一回の認定試験は、2008年(平成20年)6月に東京と大阪で実施されました。

合格者は介護施設管理士として認定されます。

医療介護ネットワーク協同組合では、今後は東京・大阪と二大都市ばかりでなく、全国的に認定試験の輪を広げていこうと目標を掲げています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護施設の種類
介護施設というと主に介護老人保健施設の事を指します。 この介護老人保健施設は、......
介護施設の費用
介護施設を利用するにあたって当然ながら入居費用が掛かりますが、この費用は施設に......
認知症の介護施設
認知症という言葉は聞いたことがあるでしょうか? 日本では高齢化が進むと共に、介......
老人介護施設
現在、日本では高齢化社会を向かえようとしています。 そこで、全国各地に老人介護......
医療費控除と介護施設
確定申告での医療費控除は主に、家庭で支払った医療費が規定の金額(10万円)をオ......
小規模多機能型居宅介護施設とは?
小規模多機能型居宅介護施設とは、複合的な介護施設のことをいいます。 具体的にい......

▲このページのトップへ