小規模多機能型居宅介護施設とは?


小規模多機能型居宅介護施設とは、複合的な介護施設のことをいいます。

スポンサードリンク

具体的にいいますと、要介護の高齢者が住みなれた土地で、長年にわたって培ってきた人間関係、生活環境をできるだけ維持した状態で生活できるようにという目的で造られたのものです。

中心は「デイサービス」と呼ばれる「通い」ですが、「ホームヘルパー」の「訪問」や「ショートステイ」といわれる「短期間の泊まり」のサービスもあります。

利用者の要介護の状態や本人、家族の希望に応じて、サービスを選ぶ事ができるのです。

24時間、365日対応可能な地域密着型介護施設で、平成18年4月に介護保険制度が改正されたときに創設されました。
主に、利用することができるのは認知症を患った高齢者なのですが、認知症以外の人でも利用することは可能です。

利用者は登録制になっています。
一つの介護施設が引き受ける事が出来るのは25名までとなっています。

スポンサードリンク



非公開の求人はコチラ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



この事で高齢者と介護スタッフとの間に密な人間関係を築く事ができるのです。

小規模多機能型居宅介護に登録をしてしまうと、他の介護サービスが受けられなくなる、というシステムになっています。
その為、今までのケアマネージャーの介護を受ける事が出来なくなってしまうのです。
ですから、人生の最晩年に新たな人間関係を築かなければならないのはストレスや不安を生じる原因となってしまい、登録をためらう高齢者も少なくありません。

そのため利用者が定員に満たない介護施設が多く、また、介護保険から支払われる報酬も個別サービスを行っている介護施設に比べて少ないことから、経営が不調なところもあるのです。

利用する側から見れば、小規模多機能型居宅介護の最大の特色は、定額制であるということです。
毎月決まった利用料さえ払えば、様々なサービスを何度でも自由に受ける事が出来るという利点があるのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護施設の種類
介護施設というと主に介護老人保健施設の事を指します。 この介護老人保健施設は、......
介護施設の費用
介護施設を利用するにあたって当然ながら入居費用が掛かりますが、この費用は施設に......
認知症の介護施設
認知症という言葉は聞いたことがあるでしょうか? 日本では高齢化が進むと共に、介......
老人介護施設
現在、日本では高齢化社会を向かえようとしています。 そこで、全国各地に老人介護......
医療費控除と介護施設
確定申告での医療費控除は主に、家庭で支払った医療費が規定の金額(10万円)をオ......
介護施設管理士とは?
介護施設管理士とは、介護施設における優秀な管理者、また施設の長でもあります。 介......

▲このページのトップへ