介護用品レンタルの仕組みと利用法


今は、様々な分野でレンタル業が営まれていますね。

スポンサードリンク

中でも介護用品レンタルは、現代社会では大変需要があるものとされています。

介護用品レンタルの仕組みと利用法については、まず介護保険の被保険者が、介護が必要であるという、主治医の意見書を役所に提出して、介護認定を受けなくてはいけません。
そして、介護の必要性が認められた場合には、その程度によって要介護度が決まります。
もし、介護を必要とする人が、介護用品を利用しなければならない場合には、介護用品レンタルを利用することができます。

介護用品レンタルの仕組みに関しては、要介護度に関係なく介護用品レンタル価格の9割が介護保険から支給されるので、利用者は1割の負担ですみます。

ただし、介護保険を利用した、介護用品レンタルの仕組みと利用法では、一年間で10万円が限度とされています。

次年度はまた10万円分が介護保険から支給されるのです。

スポンサードリンク



非公開の求人はコチラ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



実際の介護用品レンタルの仕組みと利用法は、ケアマネージャーが介護用品事業者を提案し、福祉用具貸与の専門相談員が利用者宅を訪れ、応対してくれます。

もし、マネージャーに在宅介護支援を申し込んでいないときも、福祉用具レンタル会社からケアマネージャーを紹介してもらう事ができますので安心です。

福祉用具レンタル会社で介護用品レンタルの仕組みと利用法を聞き、介護保険の申請をする事もできます。

介護用品の全てが、介護用品レンタルの仕組みと利用法にあてはまるわけではありません。

介護に必要で尚且つ介護保険が利用できる介護用具を選ぶ為には、介護用品レンタルの仕組みと利用法をしっかりと確かめておかなければなりませんね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護用品通販とカタログ
介護用品を専門に取り扱っているお店はなかなか見つからないのが現状です。 そこで......
介護用品 手すり
介護を受ける人が、出来るだけ自立して生活できるように生活支援をしていく上で、介......
介護用品 トイレ
介護される側にとって、トイレはとても大変な作業かと思われます。 介護用品にはト......
介護用品 靴
人間は何か特別な運動やトレーニングをしていない限り、年を重ねるごとに身体も思う......
介護用品 車椅子
介護用品には車椅子がありますが、今は従来のものだけでなく、トイレット・シャワー......
介護用品 杖
介護用品の中には歩行をサポートするものとして杖があります。 これには様々なタイ......

▲このページのトップへ